手作り野菜ジュースの口当たりについて。

手作り野菜ジュースの口当たりについて。

私も野菜ジュースを毎日作っています。
適当なお野菜をミキサーに入れて、後はぽちっと押すだけの簡単健康作り。楽ちんでいいですよね。
でも私、ひとつ気になることがあるんです。

 

それはあの、ミキサーで作ったジュースの大量の気泡。
「うーん、ゴポゴポする」と思う人、きっと私だけじゃないと思うんですよね。
そこで私、泡を消す方法を調べて実践してみました。

 

最初に見つけた方法は、布で濾す方法。
この方法を使うと、確かに飲みやすくなりました。うん、ずっと飲みやすい。
しかしながら、難点は少々時間がかかる事。
大好きな野菜ジュースをただただ見つめているだけの時間が流れました。
と言うか、手作り野菜ジュースの良いところは手軽さなのに、朝っぱらじっくり待つなんて私には出来ない。
さらに言えば、濾された野菜の皮がなんとなくもったいない。どうせなら栄養素は全部体内に入れたい。

 

そう言う訳でもう一度調べてみると、もっとずっと簡単な方法がありました。
それは、ミキサーに入れる時にはちみつを入れること。
これを実践してみたところ、はちみつの粘度が効くのか確かに若干泡が減った気がしました。
酵素による働きだと言う話も見かけましたが、それを期待するにはお高いはちみつの方が良いようです。
安いはちみつは、製造過程で酵素の働きが失われてしまうとか。
ともあれ、野菜ジュースプラスはちみつは、味としては全く文句なし。寧ろ美味しい。

 

ですが、口当たりを気にして動き出した私としてはこれではまだ足りない。
そこで更に調べてみると、油に行き着きました。
野菜ジュースに油って、と最初は矛盾を感じて怪訝でしたが、確かに油なら気泡が出来なさそう。
それによく考えたらサラダ油でなくともオリーブオイルを使えばいいんですよね。
健康を気にする人はオリーブオイル、オリーブオイルの独特な香りの気になる人はサラダ油、とすれば良いことですね。
入れる量は小さじ1。これをいつものお野菜にプラスして、ミキサーでブイーンとすれば良いわけです。

 

飲んでみた感想は、これが一番よかったです。
小さじ1程度だと油っぽくないし、あのゴポゴポ感もないし、何より楽。
実験をしてみた結果、私としてははちみつプラスオリーブオイルの組み合わせがおすすめです。

 

これを機に野菜ジュースの中身だけではなく、偶には口当たりを気にしてみてはいかがでしょうか。